初心者でも簡単に勝率を上げる基本手方とローソク足の勉強

ニートトレーダーのブログを見ていただき、ありがとうございます。

バイナリーオプション取引は、ローソク足が基本

ローソク足とは江戸時代、米の先物取引で本間宗久という相場師が考案したと言われてます。値段の動きを棒グラフで表したもので陽線と陰線という3種類のパターンがあります。

ローソク足の簡単な説明

終値が始値を上回って確定したローソク足のことを陽線と言います。終値が始値を下回って確定したローソク足のことを陰線と言います。また、始値と終値の間、ローソクの胴体の部分から上下に線が伸びることをヒゲと言います。

初心者の方は、まず始めにMT4チャートインストールしてから、ローソク足を研究してください。

MT4チャートを使っていない方は、こちらからダウンロードしてください。

勝率を上げる基本手方

この手方は、とても簡単です。正直、教えても良いのかな悩むレベルです。初心者の方は、上記の記事を理解してからデモ取引で練習してください。

❶安値から陽線ローソク足が、4本続くと5本目のローソク足も陽線確率が非常に高いです。

この方法は、赤三兵【あかさんぺい】と言って、本来ローソク足の陽線が、3本続くと高値を切り上げている状態なので、買いの勢力が強いと示します。またバイナリーオプション取引の場合、時間に制限があるため、4本目が続くまで、根拠を確認することをお勧めします。

❷高値から陰線ローソク足が、3本続くと4本目のローソク足も陰線確率が非常に高いです。

この方法は、黒三兵または三羽烏【くろさんぺい、さんばがらす】と言って、陰線が3本連続で続いた場合、上昇からトレンド下転換のサインを表せます。

この方法を使って取引するだけでも勝率は、上がります。一度試してください。運転資金「5万円」どこまで引き延ばせるかチャレンジ!