小さなレンジ相場で使える短期移動平均線を使った手法と設定方法

ニートトレーダーのブログを見ていただき、ありがとうございます。

移動平均線の使い方は色々ある

バイナリーオプション取引は、小さなレンジ相場に特化した取引です。まずはじめに、5足チャートに3本の移動平均線を設定します。

MT4 チャートを使っていない方は、こちらからダウンロードしてください。

移動平均線の設定方法

❶インジゲーター名:Moving Average

期間:25

表示移動:0

移動平均の種別:Simple

適用価格:Close

スタイル:色はお好きな色で設定してください。

❷インジゲーター名:Moving Average

期間:50

表示移動:0

移動平均の種別:Simple

適用価格:Close

スタイル:色はお好きな色で設定してください。

❸インジゲーター名:Moving Average

期間:75

表示移動:0

移動平均の種別:Simple

適用価格:Close

スタイル:色はお好きな色で設定してください。

おすすめ通貨ペアと取引選択

この手方は、Turbo5分取引を選択して行います。

USD/JPY ・EUR/USD ・EUR/JPY ・GBP/JPY ・AUD/JPY ・AUD/USD ・NZD/JPY

取引条件について

❶移動平均線が上から「25」「50」「75」の順に全て右肩上がりしている通貨を選んでください。

右肩上がりしている移動平均線「50」または「75」までローソク足が下がってくると、短期ですが反発して再び上昇方向へむかうことがあります。

❷移動平均線が上から「25」「50」「75」の順に全て右肩下がりしている通貨を選んでください。

右肩下がりしている移動平均線「50」または「75」まで上がってくると、短期ですが反発して再び下方向へむかうことがあります。

この方法を使って取引するだけでも勝率は、上がります。一度試してください。運転資金「5万円」どこまで引き延ばせるかチャレンジ!